産前産後外来女性のこころ外来

 

ご覧になりたい項目をクリックしてください

不眠症
うつ病
双極性障害/躁うつ病
統合失調症
社交不安障害
パニック障害
適応障害
身体表現性障害
強迫性障害
自閉症スペクトラム障害
注意欠陥・多動性障害
産前産後外来

 

産前産後外来とは
女性のこころ外来

女性の心身の不調は特有で、発症や経過などにも特徴があります。その原因としては、女性ホルモンの変化(月経や更年期)などに加えて、就職、結婚、出産、育児、介護などさまざまなライフイベントによるストレスが関連することが挙げられます。

女性特有の代表的な疾患としては、「月経前症候群(PMS)」、「産後うつ」、「更年期障害」などがあります。

「産後うつ」は、産後に起こる体内の急激なホルモンの変化により、情緒が不安定になった状態です。産後うつは子どもに悪影響を与える可能性があり、早期に治療を始める必要があります。適切に治療を行えば、充分に改善可能な疾患です。 育児ストレスが大きく、その一因にパートナーの育児に対する無理解などがある場合があります。必要であれば夫婦面接などを行うことも治療の選択肢として挙がってきます。

精神疾患の既往のある患者様の出産については、連携している日本医科大学病院への紹介が可能です。遠慮なくご相談ください。

当院には、子連れの患者様にもリラックスしていただけるよう、キッズスペースを設けていますのでどうぞご利用ください。

 

治療について

ベネフィットとリスクを考慮して、抗うつ剤や漢方などによる薬物療法を行う場合があります。場合によっては、産婦人科医と協力しながら治療を行っていきます。