うつ病

ご覧になりたい項目をクリックしてください

不眠症
うつ病
双極性障害/躁うつ病
統合失調症
社交不安障害
パニック障害
適応障害
身体表現性障害
強迫性障害
自閉症スペクトラム障害
注意欠陥・多動性障害
産前産後外来

 

うつ病とは

気分の落ち込み、やる気がしない、疲れやすい、眠れない、食欲がない、悲観的になるなどの状態が続いている場合、単なる気の持ちようや努力不足なのではなく、うつ病の可能性があります。”こころの風邪”と称されるほど有病率の高い病気で、5~10%の方が、生涯に一度はうつ病にかかると言われています。

「うつ」という言葉は広く一般に知られるようになりましたが、最近では、典型的な内因性のうつ病よりも、環境要因、他の精神疾患(発達障害、適応障害など)によって現れる「うつ状態」のほうが多くみられる傾向にあります。

 

代表的な症状

  • 憂うつで、気分が落ちこむ、かなしい
  • 何をしても楽しくない、何にも興味がわかない
  • 疲れやすい、気力がない
  • イライラして落ち着かない
  • 自分はダメな人間だと考えてしまう、自分を責めてしまう
  • 思考力や集中力がなくなった
  • ゆっくり眠れない
  • 食欲がない、体重が減った
  • 死にたい気持ちになる  など

年齢によって症状には特徴があります。気になるようでしたら遠慮なくご相談ください。

 

治療について

うつ病には脳内の神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの働きの変化が関係しているといわれています。抗うつ薬による治療で多くのうつの症状は改善します。ストレスの多い環境から離れて休むことも場合によっては必要になります。

うつ病は再発の危険性が高く、症状の改善後に再発防止のための維持療法が必要となります。うつ病は繰り返される(反復する)ことが多いため、治療の終了については医師とよく相談して決めることが再発予防のためには大切です。

時間をかけてじっくりと心の悩みを話していただくことが治療的だと判断される場合や患者様からのご要望がある場合には、カウンセリングも案内させていただきます。